Jouenal

2021.12.24
| 特集

「tsunagu酒」はじめました。

「tsunagu酒」は、ツナグにご縁のある東海地方の蔵元さんのお酒をご紹介する企画。

MCは、一見おっとり者、実は働き者の「つなぐ」さんと、気分気ままツンデレがたまらないハチワレ猫の「ツナ」。
東海地方の”うまあお酒”を独自の味覚とこだわりで選びご紹介します。どうぞお試しくださいませ。

  

第一弾

tsunaguの地元 「東濃地方のうまあお酒」

東農地方は岐阜県の東南部に位置し、その中でも土岐は良質な陶磁器用粘土が豊富に採れる地域です。そのため1,300年以上の歴史ある美濃焼の産地として発展し、今もその文化を受け継いでいます。また緑豊かな丘陵地に窯元が点在する趣のあるところで、風情ある街並みを楽しめるお隣の多治見とともにぶらりと訪れたい町の一つです。

この冬「tsunagu酒」としてご紹介するのは土岐の蔵元:千古乃岩酒造の地酒。その中から季節限定「純米しぼりたて生原酒」「千古乃岩 大吟醸」の2種を選びました。

粘土質の地盤を天然フィルターとして酒蔵の地下45mから汲みあげる硬度7の『超軟水』を用いて丹精込めてつくられた千古乃岩さんの地酒は、爽やかな辛口ながらもお米の旨みを楽しめるのが特徴です。

純米しぼりたて生原酒


頭に美濃焼のぐい呑みを載せた”つなぐさん”がご紹介するのはこの季節だけ味わえるしぼりたて「無濾過生原酒」。しぼったままの原酒は口あたりが抜群で、日本酒初デビューという方にもおすすめします。

↑こちらの東濃のうまあお酒「純米しぼりたて生原酒」は要冷蔵。冷蔵庫で保管がしやすい、飲み切りサイズの300mlの小瓶でtsunagu多治見店と江南店、tsunaguのオンラインストアで販売しています。

Onlinestore>>>

千古乃岩 大吟醸

”ハチワレ猫のツナ”が「干支」とともにご紹介するのは、地方の巨石「稚児岩」にあやかって千年の時を思い「千古乃岩」と名付けられためでたい地酒です。

岐阜県産の酒造好適米「ひだほまれ」を使用し、低温でじっくり醸造した地酒です。穏やかな香り、すっきりとした味わい、爽やかな喉越しが楽しめます。

今回tsunagu酒としてご紹介する喉ごしのよいこの淡麗辛口大吟醸は、白味魚や魚介のお刺身、カルパッチョなど、素材を活かしたさっぱりした味付けの料理との相性抜群。ぜひこちらも冷やしてお試しください。


↑東濃のめでたいお酒「千古乃岩 大吟醸」は常温で保管していただけます。こちらも300mlの小瓶で販売していますので、飲む前に少し冷蔵庫で冷やしていただくのをおすすめしています。

Onlinestore>>>

Archives

TOP >>