新潟の燕市より

色々と新しいもの届きました。

新潟の燕市からと東京の下町から。

新潟の燕市は言わずと知れた金物産業の町。技術が集結した工業団地を有しています。当店がずっとお世話になっている「工房アイザワ」さんもこの地にあります。

今回紹介するのはお茶の道具とコーヒーの道具、そして琺瑯のもの。

すべて、永く永くお使いいただきたい、お使いいただけるものばかり。機能性はもちろんデザインもとても素敵です。だからこそ、飽きることなく、ずっとそこにあっても楽しい道具たちは愛するキッチンの必需品です。

 

宮崎製作所の「茶き急須」

くろいろ急須ざらめ急須

コロンとした可愛らしいフォルムなのに、大人っぽい。一目惚れのデザインです。色も素敵。

マットな仕上がりの黒とシルバー、割れることがないので永く永くお使いいただけます。取ってとつまみが木なところも◎

以外と入るたっぷりめ。0.7Lの容量です。

 

宮崎製作所からもう一つ、「ドリッケトル0.9L」 (最適容量0.6L)

7mmの極細注ぎ口はドリップに最適で使い易い!上付きハンドルも注ぎやすさを考えデザインされています。当店には工房アイザワのドリップポットがありますが、本当に優秀です。

それとは別に小さなサイズ探していた私は、これを見てやっと出会った〜となりました。笑

軽やかなポットです。

 

工房アイザワから新商品のコーヒー缶(小)が登場。

300gの豆を入れていただける大きさのものがありましたが、こちらは200gの豆が入る小さめサイズ。

並べてもかわいい。ステンレスは光を通さず、豆の劣化を防ぎます。

コーヒー道具にまた一つ好きが加わりました。

 

そしてセラミックステンレスコーヒーミル(マット・艶消し)です。

kawasaki-plasticsさんのものでこちらも燕市のメーカー。ハンドルが取り外しできてアウトドアに持っていくこともできます。

セラミック歯は磨耗しにくく豆の風味を損ないません。歯の部分は分解可能ですので歯そのものを洗っていただくこともでき手入れもし易いのがうれしいですね。もちろん、豆の粗さ調整も可能ですのでお好みの粒度でお挽きいただけます。

豆は焙煎度により異なりますが、おおよそ17gが目安となります。

 

東京江東区にある野田琺瑯。

琺瑯といえば野田琺瑯ですね。もう知らない人はいないというほど有名な琺瑯メーカーです。

ポトルに最初出会った頃、なんてかわいい!とすぐにお気に入りに‥。使いすぎて取っ手が割れてしまっても

かれこれ9年ほど使っています。丈夫でずっと使っていただけるポトル

シンプルなのに存在感のある佇まい、デザインも使い勝手も、洗いやすさも言うことなしのロングセラー商品です。

まさに絵になるケトルです。

そしてもうひとつ、野田琺瑯のバターケース

200gのバターがすっぽり収まります。蓋の材はサクラを使用。ひっくり返してバターを蓋に乗せてカットすることもできます。

便利なのに、どこにあっても絵になります。野田琺瑯の製品は本当によくできているし、永く愛される理由もよくわかる気がします。

 

 

 

 

TOP >>