Jouenal

2020.06.26
| お知らせ

7/4(土)5(日)7(火)江南店にて『七夕 夕涼みの会』を開催いたします!

7月4日・5日の週末と7日火曜日の3日間、tsunagu江南店にて『たなばた 夕涼みの会』を計画しております。

梅雨真っ只中でお天気が心配ですが、少々の雨でしたらテラス屋根の下で予定通り行います。

イベント当日は、お願い事を書いた短冊を笹の葉に結んでいただくコーナーや、おとりよせスイカをYAGIと一緒に楽しもうと準備しております。スイカを食べ終わったら硬い皮の部分はヤギさんにプレゼントしてあげてくださいね。

 

小さなお子様にも楽しんでいただきたいとスタッフが手作りで準備をしているキンとと釣りは、意外に大人も楽しめそうです(笑)。

また店内では、日本の夏を楽しむアイテムや、ご来店いただいたお客様に江南店人気商品「浮き星」を使用したシュワシュワドリンクのサービスも計画しております。

小さな小さなイベントですが、ぜひお立ち寄りください。

🎋『七夕 夕涼みの会』

7月4日(土)・5(日)・7(火)

時間|15:00〜18:00

会場|tsunagu江南店 愛知県江南市江森町南78-1
la CASA TERRACE リビング棟1階

イベントについてのお知らせ、変更などはインスタやブログで随時更新してまいります。

コロナの影響で、大きなイベントはまだまだ中止や自粛が続いていますが、少しでも皆さんに日本の夏、七夕まつりの気分を味わっていただけたら嬉しいです。しっかりと注意すべきところは気をつけながら、一緒に楽しみましょう。

 

tsunagu konan

2020.06.21
| 入荷情報,お知らせ

雨や夏の日差しを楽しく

今日は父の日、そして部分日食でしたね。

ここ多治見市はどんより分厚い雲に覆われて、太陽が雲の切れ間から見え隠れしていましたが、よくわからず残念無念。

次回のお楽しみになりました。

tsunagu では、梅雨や暑い夏に役立つ商品が入荷しています。

今日は傘のご紹介です。

こちらは、かまわぬの折りたたみ傘〝レモン柄〟。

晴雨兼用なので、雨の日はもちろん暑い日差しの日も使用していただけます。

彩り豊かなレモン柄で雨の日も楽しくなりますね。

こちらは、同じくかまわぬの折りたたみ日傘〝切子雪景色〟。

季節のうつろいと風情を楽しむ日傘です。

手触りの良い綿混の生地にはっ水加工を施し、晴雨兼用でお使いいただけます。

UVカット率90%以上で、強い夏の日差しから守ってくれます。

切子雪景色の艶やかな柄と鮮やかなブルーが涼しげです。

 

どちらも軽くて持ち歩きしやすいので、毎日鞄に入れておけるのも嬉しいですね。

多治見店、江南店でお取り扱いしております。

傘は開いてご覧いただけますので、その際はスタッフまでお声がけくださいませ。

 

tsunagu tajimi

2020.06.25
| 日々のこと

「たなばた」のお話

西洋では乳をこぼした跡とも言われる天の川。街の夜空ではなかなか見ることができませんが、子供の頃にロマンチックな七夕の星物語を聞いて、五色の短冊に願い事を書いた経験のある方は多いのではないでしょうか。

私がまだ小さかった頃、田舎の祖母の庭からも天の川が見えたものです。天の川を挟んで、こと座のベガ織り姫の星、わし座のアルタイが彦星の星。今まで働き者だった織り姫と彦星ですが、結婚した二人は遊んでばかりいるようになってしまい神様の怒りに触れてしまいます。しかし天の川で離ればなれにされて泣き続ける二人を見て神様は「心を入れ替えて以前のように真面目働いたら一年に一度だけ天の川を渡って会ってよい」と約束してくれました。その日を七夕と呼ぶんだよと・・・祖母が教えてくれました。

お天気が悪いと川を渡れないと信じていた私は、前日に七夕飾りと一緒にてるてる坊主を軒下に飾りました。大人になって知ったのですが、雨が降り川を船で渡れないときは鵲(カササギ)の橋を渡って二人は会うので心配ないとか。(笑)

日本古来の年中行事である「棚機(たなばた)」と、中国から伝わった「乞巧奠(きこうでん)」が融合した七夕(しちせき)と呼ばれる宮中行事が、織り姫と彦星の物語として民間に伝わったという七夕(たなばた)行事。残念なことに今年はまだ大勢集まってのお祭り騒ぎは差し控えなければいけませんが、七夕飾りの意味を調べてみたり、お子さんと手作りの七夕飾りを楽しんでみたり、ご夫婦や恋人と「別るるや夢一筋の天の川」の一句とともにロマンチックな夜を過ごしてみたりしてはいかがでしょうか。

tsunaguの江南店でも、梅雨のこの時期わざわざご来店いただいたお客様に少しでも楽しんでいただきたいと「七夕 夕涼みの会」を計画しております。

詳しくは後ほど夕涼みの会のBLOGで>>>

ところで、江南店のtsunaguの看板の下にアガパンサスという名の植物が植わっています。

数日前までは葉っぱだけだったはずなのに今朝見ると長く茎が伸びて上にふっくらとした蕾が……。その凛とした立ち姿の美しさに思わず見とれてしまいました。

どんな色の花が咲くのか???? 今からとても楽しみです。咲きましたらまたご報告いたしますね。

tsunagu konan

2020.06.08
| 日々のこと

うだつの上がる町へのお出かけ

美濃市の中心街に位置し、長良川の綺麗な水と水運の便に恵まれた和紙の産地として1300年以上栄えた「うだつの上がる町」。

こちらでtsunaguでも大変お世話になっているHAPPA STANDO (はっぱすたんど)さんが素敵な茶房を開いていると聞いて、先日やっと念願が叶い訪れることができました。

歴史ある町家の趣を残した洗練された佇まいと、物腰が静かで品があるのに気さくに話しかけてくれるお店の方々がとても素敵なところです。

外は30度を超えるお天気。散策で少し汗ばんだ体も、冷んやりした土間の店内で冷えた水出し茶とスイーツをオリジナルの器でいただくと汗も引いて清々しく、まったりとした素晴らしい時間を過ごさせていただきました。

この可愛らしいキューブ型のお菓子は、抹茶と焙じ茶の割合がそれぞれ違う味を楽しめる<とうふちょこれーと>。ここでしか味わえない絶品です。

 

こちらはHAPPA STANDOのマークが入った日本茶を楽しんでもらうためのHARIOのカークボトル。

冷蔵庫に横置きもできて、熱湯消毒もOKな優れものです。注ぎ口の内側にフィルターが付いているので、茶葉をそのまま入れてお水を注ぎ冷蔵庫で寝かせばいただけます。

こちらはツナグの多治見店、江南店でも取り扱っておりますので、夏の贈り物として、茶葉と一緒にセットにしてプレゼントにされるのもいいですね。

県をまたいで遠方へのお出かけはまだまだ自粛が必要ですが、地元や東海3県の身近なところにも行ったことのなかった魅力的な場所やお店がまだまだあるはず。こんな時だからこそ、STAY HOMEや身近なお出かけを楽しんで見てはいかがでしょうか。

 

 

紫外線対策を快適に

このところお天気の良い日が続き、少し外にいるだけで肌がジリジリと感じますね。

特別長い時間太陽の下にいるわけでもないのに、毎日のお洗濯やお買い物・通勤などで

知らず知らずのうちに肌は紫外線からダメージを受けてしまっています…

私はメラニン色素が多く対策を頑張ってしているのですが、夏本番を前にすでに黒くなってきました(泣)

 

tsunaguには暑い夏でも快適に、簡単に紫外線対策ができるアームカバーが入荷してきましたのでご紹介します。

天然のクマザサを漉き込んだ和紙”ささ和紙”を糸状にし使用したアームカバー。

和紙はあぶらとり紙としても使われているように、油分を吸収しやすい素材です。

またくまざさには自然の抗菌消臭効果があるので、汗の油分を吸収し、

清潔にサラサラ感を保てる”ささ和紙”はアームカバーにぴったり。

親指を通す穴もあるので、手の甲も隠せますしズレる心配もありません。

触り心地は少しザラザラとした感じで肌にまとわりつくような不快感がなく、

UVカット率は90%以上と機能性も兼ね備えていますよ。

是非店頭で”ささ和紙”独特の肌触りと清潔感をご体験ください。

 

tsunagu konan

TOP >>