Jouenal

2020.10.11
| つくりて便り

日本のボーダーカットソー

フランスノルマンディーで生まれたというボーダーシャツ。

かつては、遠くからも目立つ縞模様とその丈夫さから囚人服や船乗りの仕事着や若い水兵さんの制服として着られていたボーダーシャツですが、南フランスのリゾート地でセレブの間で大流行し、その着心地の良さと実用性からリゾート着としてだけでなくカジュアルウエアーとして世界中に広まっていっていきました。

@Keystone

日本でもフレンチカジュアル、マリンスタイルとして一世を風靡し、その後も流行に左右されないスタイルの一つとして定着しています。その品質の良さと歴史あるブランド力でSAINT JAMES (セントジェームズ)のボーダーシャツを愛用している方も多いのではないでしょうか。かくいう私もまたバスクへ旅することができるようになったらぜひ現地で購入したいと思っているモノの一つです。

ところが、そのフランスの老舗ブランドに勝るとも劣らないボーダーシャツのファクトリーブランドが日本にもあるのです。皆さんはご存知でしたか?

ご紹介したいのはかつてはニット産業が盛んだった新潟県加茂市で生まれた【G.F.G.S.】。社名はGood Feel,Good Styleの頭文字からきています。

日本のボーダーといえばファストファッションメーカーが真っ先に浮かんでしまいがちですが、G.F.G.Sでは、1年でよれよれになってしまうボーダーではなく、長く愛着を持って着てもらえるようにと素材や縫製にこだわり、こだわりの受注生産方式というスタイルをとっているブランドです。

お客様に色や型を選んでもらってから、地元加茂市の地場の力を合わせて作る「メイドイン加茂」スタイルです。編み立て、裁断、縫製と、お客様の名前が記入されたオーダーシートが各工程へと進む中、手に取ってくださる方への想いを馳せて一着一着丁寧に作っているそうです。お客様に高品質で長く愛されるなものを届け、且つ地元での経済循環に貢献したいという理念のもとにボーダーシャツをつくり続けているファクトリーブランド、それがG.F.G.S.です。

そんなG.F.G.S.では、オンラインでのオーダー販売だけでなく実際にシャツの品質やサイズ感、ボーダーの型や色などを確認してからオーダーできるようにと、日本全国をまわるORDER BORDER TOURを行っています。数年前からtsunagu多治見店も参加しておりますのでお馴染みさんはご存知かもしれませんね。

今年はコロナでツアーの開催をお休みしていた時期もあったそうですが、2020秋のツアーは tsunagu江南店、tsunagu多治見店でも行われます。

もちろんしっかりと感染予防対策をとって行わせていただきます。

イベントの詳しい情報は>>>こちら

 

 

 

2020.09.12
| つくりて便り

ガラスのような”やきもの”のうつわ

岐阜県土岐市で1921年から”やきもの”をつくり続けている「カネコ小兵製陶所」より華やかで美しいうつわが入荷してきました。

ガラスと間違えるほどの輝きをもった「ぎやまん陶」。

“ぎやまん”とは、江戸時代から明治初めにかけて用いられたガラスを意味する外来語です。ガラスのような透明感と輝きをもった質感、漆器を思わせる深みのある風合いを”やきもの”で表現し「ぎやまん陶」と名付けられました。

カネコ小兵のうつわは個性的なフォルムが多いため、釉薬をムラなく綺麗にかける作業には確かな技術と経験を要します。
90年以上にわたる技術と経験があるからこそつくることのできるうつわです。

「ぎやまん陶」の美しさは日本だけでなく世界的にも認められており、写真の”茄子紺ブルー”はフランス・パリにあるディオール本店でも取り扱われています。

また、ミシュラン二つ星を獲得した”ジャン=フランソワ・ピエージュ”氏のレストランでオープンから一貫して使われており、うつわも含めての一つの作品として有名な一皿となっています。

掲載元:@elliottsquare

温める程度の電子レンジや、食器洗い機・乾燥機にも使用でき実用性にも優れています。和食・洋食どちらにも合い、サラダのようなシンプルなお料理でも華やかに。

和菓子をちょこんとのせてみても、暖かさと輝きをもったうつわによってより美味しそうに感じます。

 

こちらの商品は江南店のみのお取り扱いとなります。

お気軽にご来店、お問い合わせください。

☆9月15日(火)19:30〜19:59にNHK BSにて放送される「イッピン」で「カネコ小兵製陶所」が紹介されます。

みなさんぜひご覧くださいませ。

tsunagu konan

2020.09.05
| つくりて便り

毎日の暮らしに寄り添うBIRDS’WORDSのカップ

BIRDS’WORDSより新しいカップが入荷いたしました。

バーズワーズは、デザインディレクターの富岡正直さんと陶芸作家の伊藤利江さんによって、2009年に大阪で立ち上げたブランド。鳥や花などのモチーフを中心に、思わず触れてみたくなるような大らかな造形と、日々の暮らしにそっと寄り添う温もりを持った陶磁器や紙製品などを作り続けていらっしゃいます。

今回入荷しましたのは「日々を大切に暮らすあなたへ、使うたびに日に日に愛着が湧いてくるようなデザインを」という思いが込めらた【DAY BY DAYカップ】。

しっとりとした手触りの白磁に施された、釉薬で描かれた愛らしい花々や鳥たち。

触れた時に伝わるスルッとした心地よい立体感は何とも言えず気持ちがいいのです。

絵柄はFLOWERSとBIRDSの2種類。

カラーはイエロー、ブルー、グレー。絵柄の部分はイエロー、ブルーは艶感があり、グレーはマットな質感です。

底面にはBIRDS’WORDSの刻印が可愛らしく入っています。

カップが入っている箱もカップとお揃いで素敵です。

頑張っている自分へのご褒美として、また大切な方への贈り物としても喜ばれそうですね。

こちらの商品は、tsunagu 多治見店・江南店 の両店舗で取り扱っております。

(※オンラインストアでのお取り扱いはございません)

 

tsunagu tajimi

2020.09.17
| つくりて便り

冷めても美味しい「柴田慶信商店のおひつ」

先日やっと今回は天然杉の香りが心地良い「柴田慶信商店」のおひつが再入荷してまいりましたので、改めてご紹介いたします。

曲げわっぱの伝統的な製法を活かし、現代の生活にそっと寄り添うように作られている「マゲワ」シリーズ。

その中のおひつはご飯を美味しく冷ます道具です。

天然杉の柾目を使いお湯に入れて曲げ、山桜の皮で綴られたおひつ。

炊きたてのご飯を移せば、白木がご飯の余分な水分を吸収してくれるのでご飯がべとつかずふっくら。冷めても美味しさが保たれます。

また天然杉の香りが食欲をそそり、杉の抗菌効果でご飯が傷みにくいというのも嬉しいですね。

こちらのおひつは tsunagu Onlinestore、tsunagu 多治見店舗で取り扱っております。

入荷するとすぐに SOLD OUT になってしまいますのでお早めにどうぞ。

 

また、密かに〝白木パン皿(小)〟も入荷しています。

こちらは焼きたてのトーストのサクサク食感が食べ終わるまでずっと続く、トーストが抜群に美味しくいただけるパン皿。

ぜひチェックしてみてくださいね。

どちらも食欲が低下するこの季節にオススメです。

 

tsunagu tajimi

身近に楽しむ美濃和紙

岐阜県にある美濃の地で、1300年の歴史を紡いできた美濃紙。

世界的に認められ、長い伝統を持つ美濃和紙を身近に楽しむことのできるアイテムたちが入荷してきました。

マッチ箱のようなおちゃめなデザインのメモ帳。本物のマッチ箱のように横にスライドして開くと、マッチの絵が描かれたメモ用紙が出てきます。

裏面にはそれぞれのテーマに合った使用例があり、思わずクスッとしてしまいます(笑)

こちらは可愛らしいレターセットたち。

写真上の「#おうち時間 レターセット」は新しい生活様式になり以前のような生活ができなくなった今、家での時間を少しでも明るく健やかに過ごしていただけるよう願いを込めてつくられたシリーズです。おうちでの様々な風景が描かれており、温かな気持ちが伝わります。

写真下の「ふふふ ハンカチレター」は四つ折りにするとハンカチのようなかたちに。

開くとキャンディーのイラストがあり、カラフルで上品なレターセットになっています。

 

メールやチャットなどで簡単にメッセージを送ることもできるようになりましたが、レターセットを選ぶ楽しさを感じ、あたたかみのでる手書きのメッセージで思いを伝えてみてはいかがでしょうか?

tsunagu konan

 

TOP >>