Jouenal

tsunaguがおくるクリスマス 〜その2〜

こんにちは。12月に入りだんだんと寒くなってきて、色とりどりの葉の絨毯が美しい季節になりました。

みなさまお風邪はひかれていませんでしょうか?

我が家では、ストーブとこたつがフル活動しています。笑

クリスマスまであと2週間と少し。サンタさんの足音がすぐそこまで聞こえてきていますね。

tsunagu 多治見店では、「かまわぬ」の手ぬぐいツリーがみなさまをお迎えしております。

 

tsunaguでもクリスマスにピッタリな商品のお取り扱いをしておりますのでご紹介いたします。

こちらは東京の「かまわぬ」のサンタこけしとトナカイこけし。ちょこんといる姿が、とっても可愛らしくて癒されます。

かまわぬのサンタこけし/トナカイこけし 小 各¥800+税(多治見店のみ販売)

 

こちらは奈良県五條市の「堀内果実園」の秋冬限定商品みかんショコラと柿ショコラ。

どちらもしっとり感を残したセミドライなので、適度な弾力があり噛めば噛むほどじんわりとした自然な甘みが広がります。その甘みとチョコレートの絶妙なバランスがとっても美味しいですよ。プレゼントにオススメです。

堀内果実園のみかんショコラ/柿ショコラ 各¥900+税(多治見・江南両店で販売)

 

他にも手ぬぐいやふきん、クリスマス置き飾りなど多数ご用意しております。

手ぬぐい各種。右から、にじゆら「待ちわびるクリスマス」¥1,600

かまわぬ「日本のツリー」¥1,200

かまわぬ「シェア手ぬぐい」¥1,100(かまわぬは多治見店のみ販売)

中川政七商店のごちそうふきん クリスマス ¥400+税(多治見店のみ販売)

 

年に一度のクリスマス。お友達や大切な方へ、あるいはご自分へプレゼントを贈ってみるのも楽しいですね。

お店をあたためて、みなさまのお越しをお待ちしております。

 

【お知らせ】

12月25日(水)は通常営業いたします。

※多治見店のみ営業となります。江南店はお休みです。

 

tsunagu tajimi

tsunaguがおくるクリスマス

気がつけば11月も最後の週に。クリスマスが近づいてきて、街もきらきらと華やかになりましたね。tsunaguでも店内がクリスマスカラーになってきました。

こちらの花束風のてぬぐいはプレゼントにぴったり。可愛らしいクリスマスツリー柄になっています。手を拭ったりお弁当を包んだりする他に、壁にかければ立派なインテリアになりますよ。大阪にある染工場「にじゆら」の手ぬぐいです。

その他にも奈良の靴下「Hoffmann」のあたたかく柔らかい肌触りの冬靴下や、ネパールのお母さんたちが作る「ライフ イズ ジャーニー」ウール100%の手袋。冬季限定ジンジャーの香りが入った「松山油脂」のミニハンドクリームセットなど。クリスマスギフトにぴったりな商品をご用意しております。もちろん自分へのご褒美としてもオススメです。

ミニハンドクリームセットとHoffmannの靴下は多治見・江南店両店でのお取り扱い。ライフイズジャーニーの手袋とにじゆらのクリスマスツリー柄手ぬぐいは江南店のみのお取り扱いとなります。お気軽にお出かけ・お問い合わせください。

 

OMORI

 

tsunaguおすすめ「敬老の日」ギフト

来週月曜、16日は敬老の日。年長の方を敬い、感謝の気持ちを伝えるための祝日です。そこで今回は、おじいちゃん・おばあちゃんへのギフトにおすすめの商品をご紹介いたします。

1点目は注染手ぬぐい専門店である「にじゆら」の手ぬぐいです。注染とはその名の通り染料を注ぎ、染める技法。一つ一つの作業を職人さんが手作業で行うので、同じものは1つとして存在しません。にじゆらの手ぬぐいは作家さんやデザイナーさんがデザインしており、色のグラデーションを楽しむものから花束のようなもの、パターン柄のものやクスッと笑えるデザインのものまで様々な種類があります。

手ぬぐいの使い方は手を拭うのはもちろん、包んだりランチョンマットにしたり、スカーフやバンダナにしたりとたくさんの使い方があります。おじいちゃん・おばあちゃんの生活をより明るく華やかにしてくれると思いますよ。

2点目は「奈良藤枝珈琲焙煎所」のコーヒー。奈良大和郡山市で40年の歴史を持つ焙煎所こだわりのブレンドです。こちらのオランダ屋ブレンドは、コロンビアを中心に中煎り豆をコク深く、バランス良く配合。やわらかい酸味とコク、芳醇な香りが広がります。毎日コーヒーを飲まれる方に特におすすめです。

tsunagu多治見・江南両店では敬老の日コーナーを設けております。この機会にぜひお立ち寄りください。

 

OMORI

白の食器

いよいよ7月。夏の訪れもすぐそこですね。今日は使いやすくて夏のお料理にもよく合う「白の食器」をご紹介したいと思います。

▲こちらは、スウェーデンを拠点に制作を行うガラス作家 山野アンダーソン陽子がデザインし、長崎県波佐見焼の伝統的な技術で誕生したテーブルウェアーです。

近年人気が高まっている波佐見焼はご存知のように特徴がないのが特徴。400年以上の歴史がありながら形にはまらず時代にあった焼き物が作れる。だからこそデザイナーとの相性がよく、こだわりのある作品や美しく使い勝手の良い素敵な日常の器が生まれると言います。

▲400年以上つづく伊佐美の窯元。ショールームには山野A陽子さんのガラス器なども展示されています。

白い食器「YOKO ANDERSSON YAMANO」

リムオーバル 26cm

無地:¥2,200+税 縁色有:¥2,500+税

細すぎず太すぎず楕円形のこのお皿は食卓のどの位置に置いてもなじみます。カレーやパスタはもちろん、この時季は茹でて冷やした緑鮮やかなアスパラや、冷やした胡瓜をサッと並べるのも爽やかですね。

 

リムボール 20cm

無地:¥2,200+税 縁色有:¥2,500+税

スープボウルや小鉢、冷たいデザート皿としてもぴったりです。

 

リムプレート 10cm

無地:¥720+税 縁色有:¥800+税

薬味皿や醤油皿などの小皿として、一口大のオードブルを盛って大皿やトレーと組み合わせてお使いになってもいいですね。シンプルで美しいこれらの器はtsunaguの江南店でお求めいただけます。毎日の暮らしを自分らしく素敵なものにきっとしてくれるのではないでしょうか。

 

mura.

先月末、お世話になっております西岡ペンシルさんが3年ぶりの個展を開催されたと聞いて恵比寿のアートギャリーに行ってまいりました。別ブログへ投稿しておりますのでよろしければそちらもご覧ください。

日本茶でほっと一息

みなさまは普段、どのような飲み物を飲まれていますか?

コーヒーや紅茶、ジュースを飲む方もいらっしゃると思いますが、たまにはゆっくり日本茶でリラックスするのもおすすめですよ。

京都の茶畑で昔ながらの生産方法で作られた「HAPPA STAND」のオーガニック茶。種類はせんちゃ・ほうじちゃ・げんまいちゃ・ぎょくろ・こなほうじちゃの5種類。生産方法だけでなく焙煎方法にも大変こだわっていて、お茶本来の味を楽しめます。

茶筒は直射日光や湿度から茶葉を守るために、保存に一番適した昔ながらで親しみのある形です。パッケージデザインもシンプルながらとってもおしゃれ。

蓋は内蓋もついているので、新鮮な茶葉を長く味わうことができます。

 

こちらの”こなほうじちゃ”はお茶だけでなく、ほうじ茶ラテやかき氷シロップなども作れちゃいます。

どちらも牛乳や市販のシロップで簡単に作ることができますよ。

忙しい日々の中で、ほっと一息、とても大切な時間だと思います。「HAPPA STAND」のお茶で、そんな時間をより幸せで贅沢にしてみてはいかがでしょうか?

 

多治見店、江南店でお求めいただけます。

・OCHA「SENCHA」 ¥1,667+税

・OCHA「HOUJICHA」 ¥1,667+税

・OCHA「GEMMAICHA」 ¥1,667+税

・OCHA「GYOKURO」 ¥2,778+税

・OCHA「KONA HOUJICHA」 ¥1,667+税

 

 

OMORI

 

TOP >>