Jouenal

2021.08.23
| 日々のこと

筒井時正玩具花火製作所さんの線香花火

夏もあともう少しというところでしょうか。ヒグラシの鳴き声が心地良く、子どもの頃をふと思い出したり。

子どもの頃の夏の楽しみといえば、キョロちゃんかき氷、川で泳ぐこと、そして一番の楽しみは花火でした。

私が小さい頃は花火が一本から買えるお店があって、この花火はどんな風にキラキラ、バチバチするのか、ワクワクしながら選んだものです。

その中でも大好きだった花火が線香花火。誰の玉が先に落ちるか競争したり、大きく散る火花はみんなの顔を暖かく照らしてくれました。

大人になり甥っ子たちと線香花火をやる機会がありました。すぐに玉がポトリと落ちてしまう。火花も小さくそれは悲しい光景でした。昔の線香花火となぜこんなにも違うのか?不思議に思い調べてみると花火はそのほとんどが海外製で、日本の花火ではないことに大変驚きました。

ある日テレビを見ていた時、まだ国内で花火を作っているところがあると知りました。

それが筒井時正玩具花火製作所さんでした。筒井時正玩具花火製作所さんは、線香花火を中心とした花火を作っていらっしゃいます。

現在、国内で線香花火を製造している会社はわずか4軒のみとのこと。貴重な花火なのですね。

今年から tsunaguでは筒井時正玩具花火製作所さんの花火を販売させていただいています。国内製造の花火をもっとたくさんの方々に知っていただき、広がっていくお手伝いができたらと思います。

●「西の線香花火 スボ手牡丹」 300年変わらない線香花火の原形です。線香花火はワラスボの先に火薬を付け、それを香炉に立てて火をつけて遊んでいたことが、始まりだと言われているそうです。米作りが盛んな関西地方には、ワラが豊富にあったため、このスボ手牡丹は関西地方を中心に親しまれてきました。現在、国内でこの花火を製造しているのは筒井時正玩具花火製作所のみとなりました。

 

●「蕾 –つぼみ–」 一年を通して楽しんでいただけるよう春夏秋冬をイメージした色で染められています。桃色・水色・橙色・白色・各色2本が入っています。

 

●「花 –はな–」 長期間保存するのに最適な桐箱に入っていますので、夏だけでなく一年を通してゆっくりとお楽しみいただけます。

筒井時正玩具花火製作所さんの線香花火はどこかやわらかく、温かみのある火花を散らします。小さな頃の思い出が蘇ってくるような感じです。

線香花火は多治見店、江南店実店舗で販売しています。(「花」のみオンラインストアでも販売しています。)

あと少しの夏、筒井時正玩具花火製作所さんの花火で楽しみませんか?

 

tsunagu tajimi

2021.08.09
| 日々のこと

夏のふきんは花ふきん

立秋を迎え、東京オリンピックも終幕し、残暑厳しいですがみなさまいかがお過ごしでしょうか?

暑い夏、家の台所では中川政七商店のふきんが大活躍しています。食器拭きはもちろん出汁をとったり、野菜の水気を切ったりと下ごしらえにも活躍しています。ふきんは使ったら洗って干せば気持ちがいいほどにすぐに乾くので、毎日衛生的に使えます。

中川政七商店のふきんは、奈良の特産品の蚊帳生地を美しく機能的に再生し、通気性・吸水性・速乾性に優れているふきんです。tsunagu 多治見店では定番の人気商品。

特におすすめなのは花ふきん。綿100%(写真上)と麻100%(写真下)の2種類。

花ふきんは、58×58cmの大きめサイズで目の粗い蚊帳生地が2枚重ねと薄いため早く乾きます。大きめのお皿も花ふきんなら拭きやすい!

おろしたてはノリがついているためパリッとしていますが、洗えば洗うほどふんわりと優しい肌触りになっていきます。厚みも出てくるので吸水性も増していきます。そして、くたくたなるまで使ったら最後は雑巾に。

こちらの花ふきんは8月限定の「花ふきん 暦 葉月」。パッケージには波模様が描かれ、ふきんには海を想わせる青のステッチ入り。夏の贈り物にもおすすめです。

使い勝手がいい花ふきん。次は洗顔後の顔拭きに使ってみようかと考え中です。お肌にも優しそう。

花ふきんは、tsunagu 多治見店、オンラインストアで販売しています。

tsunagu tajimi

2021.07.29
| 日々のこと

からだに優しい処方を

夏は体の不調に悩まされます。

毎日、朝も夜も暑いのでついつい冷たいものを摂りがちに。お腹が冷えるよ〜と、わかっていてもアイスクリームやビールに手が伸びます。その時は気分爽快!その後、案の定体調を崩す私。

そんな時に頼りにしているのが、チムグスイさんのハーブティー。tsunaguではもうすっかりお馴染みなのでご存知の方も多くいらっしゃると思います。

チムグスイさんは、植物から産まれる心やからだを整えるものを作っていらっしゃいます。

オリジナルブレンドのハーブティー、ブレンド精油、植物オイルを使ったごくごくシンプルなスキンケア用品、草木染めの布ものなど。すべてフィトセラピー(植物療法)に基づき、植物療法士によるオリジナルのレシピにて処方され、原材料は厳選された天然の植物原料を使用されているので安心。

少し前に新しくリリースされた「tuning products」は、植物療法に基づいたチムグスイ独自のメソッドにより4つのカテゴリーに分けられています。

●こころとからだをリラックスに導く『緩 KAN』

●血行を促進しからだを温める『温 ON』

●滞りを取り除き巡りのよいからだに整える『巡 JUN』

●目醒めた活力のあるからだへ誘う『醒 SEI』

ハーブティーは12種類あり、私はその時の自分の体調に合ったものを選んで飲んでいます。

例えば、お腹の調子が悪い時は〝KAN 緩 03  Lemon balm base〟。消化をサポートしてくれるので食事の前後に飲むのがいいそうです。ミントやレモングラスの爽やかな香りで後味もスッキリ。お腹もだんだん落ち着きます。

チムグスイの商品は、大切な方への贈り物として選ばれるお客様もいらっしゃいます。

お取り扱いは、多治見店、江南店の実店舗となります。

みなさんもたまには自分のからだを優しい処方で休めてあげてください。

tsunagu tajimi

多治見 夏の陶器まつり

夏本番! オリンピックも始まりました! この夏、多治見でも様々なイベントが行われます。

どうせ暑いなら日本一暑い!多治見へいらっしゃいませんか。

■■7/22(木)〜7/25(日)   tsunagu多治見店のお隣の陶都創造館では「夏の陶器まつり」

■■7/24(土)、8/14(土)、8/28(土)、9/11(土)、9/25(土)  陶都創造館1F広場では「BEER&JAZZ」 フリーマーケット王国

■■6/26(土)〜8/1(日)  多治見市文化工房キャラリーヴォイスで 企画展「焼きものの現在」 開催中

■■6/2(水)〜8/30(月)  安土桃山陶磁の里ヴォイス工房では 「陶製アニマル蚊取り器手作り講座」

■■7/2(金)〜9/4(土)  の金・土 虎渓用水広場では 「たじみえきキタビアガーデン

 

イベントの詳細は多治見市観光協会のサイトにてご確認ください。

 

 

2021.07.24
| 日々のこと

食卓を楽しくしてくれるエクボちゃん

蝉の賑やかな鳴き声で朝を迎える今日この頃、暑くなりましたね。

いよいよ東京2020オリンピックも始まり、昨夜の開会式は日本の技術の結集に感動しました。

冒頭のプロジェクションマッピングで印象的だった赤色は、日本の赤を出すために技術者の方々が長い期間苦労して開発されたそうです。

また「太陽の下に皆が集い、皆が平等の存在であり、皆がエネルギーを得る」というコンセプトに基づいてデザインされた聖火台。

球体がパカ〜ッと開いた時には、思わず「おお〜!」と声をあげてしまいました。

こちらの聖火台をデザインしたのは、佐藤オオキ氏。

tsunaguでは佐藤オオキ氏がデザインした商品を取り扱っています。

佐藤オオキ氏のデザインカンパニー『nendo』(ねんど)がデザインを担当した〝equbo〟。

equbo/スプーン/フォーク(大)

equbo/スプーン/フォーク(小)

金物を得意とする新潟市の燕市、燕産業とコラボレートした商品です。

毎日をちょっと楽しく、豊かにしてくれる、そんなカトラリ-たちです。

ちょこんとエクボがつけられたカトラリーのデザインがとっても可愛らしく、その上使いやすいのです。

食卓にあると楽しくなります。

こちらはtsunagu多治見店、オンラインストアでお取り扱いしています。ぜひご覧ください。

暑い夏を楽しんでいきましょう♪

 

tsunagu tajimi

Archives

TOP >>