Jouenal

千古乃岩酒造株式会社

岐阜県の南東部、東濃地方にある蔵元「千古乃岩酒造」をご紹介します。

ここでつくられるお酒は、お米の旨みを十二分に引き出しながらも麹くささのないすっきりとした後味で、キレの良さが特徴です。料理を美味しく引き立ててくれるお酒だと、海外のレストランからの引き合いも多いそうです。

千古乃岩(ちごのいわ)酒造は、元は代々醤油や味噌を醸造していたそうです。「尾張屋商店」として明治42年から酒造りをはじめました。酒づくりの業界では比較的新しいのだそうです。とはいえ「尾張屋商店」と屋号が書かれた歴史を感じる看板や、店の奥に置かれた「お宝拝見」に出てきそうな年代物の金庫(現在は金庫としては使用されていません)などを見ると、この街が濃尾平野と信州を結ぶ中間に位置し、中山道と名古屋を結ぶ下街道や中馬街道など交通の要所であった歴史ある街であることを改めて感じます。

またこのエリアは、市街地に土岐川(愛知県に入ると庄内川と名前を変えます)が流れ、東には遠く恵那山や屏風山を望み、緑の山々に囲まれたとても風光明媚なところす。春や秋には陶器市も開催され大勢の観光客が訪れます。

陶磁器の生産地として有名なこの地は、夏は国内屈指の猛暑、冬はよく晴れて冷え込みが厳しく、美味しいお米が育つ米どころでもあります。

棚田百選にも選ばれた恵那市の「坂折棚田」でも、全て人の手による作業のため生産量は希少ですが、ミネラルを含んだ湧水とこの地の気候のおかげで美味しいお米がとれます。酒づくりの条件として欠かせない美味しい米と水。それが東濃地方には揃っているわけです。

NPO法人 恵那市坂折棚田保存会と協力し、「さかおり棚田」の減農薬米を使って仕込む千古乃岩酒造の「純米吟醸原酒」、これもまた美味しいお酒です。酒蔵の地下45mから汲みあげる硬度7の『超軟水』を用いて丹精込めてつくられたこの酒は、数量限定ではありますがお米の旨みを強く感じる濃醇な辛口原酒です。

千古乃岩酒造の地下から汲みあげた水がまたとても美味しい。陶磁器づくりに適した粘土質の地盤を天然フィルターとして通ってくるので、軟水の中でもとりわけ硬度の低い軟水になります。水質も清酒の品質を劣化させる鉄やマンガンなどの金属含有が少ないのが特徴です。

4代目の当主である中島大蔵さんは『伝統・革新・継承』という経営理念を掲げ、酒づくりという日本の伝統を受け継ぎながらも、時代に相応しい革新を行っています。↑写真は、世界中から愛される地酒をこの東濃地方から醸し続けたいと話す中島さん。

_______________________________

千古乃岩酒造株式会社

屋号:尾張屋商店

所在地:岐阜県土岐市駄知町2177-1

_______________________________

>次のつくり手のご紹介

woodpecker

味噌汁の香りと「トントントン・・・」と木のまな板を包丁で叩く心地よい朝の音。今では懐かしい”日本の音風景”だと思っている方も多いのではないでしょうか。

今回は「いちょうの木のまな板」をはじめ、国産の天然木を使い木の個性を生かしたさまざまな暮らしの道具の製作・企画を行っている「woodpecker 」をご紹介します。

「木のまな板」づくりをはじめたきっかけ

 

代表の福井賢治さんは、木工業が盛んな岐阜県でおじい様の代から続く木地師(仏具や神棚、神輿の木製部品製造を手がける職人)の家に生まれました。幼い頃から木々に囲まれて育ち、木と向きあって働く姿を見続ける中で、モノづくりの面白さや難しさ、奥深さを自然に体得できたことが木工職人としての原点だったと言います。

職業訓練校に通い木工を学んだ後、家具メーカーと更にお父様のもとで修業を重ねる中で、「いつか自分の手で、世の中に貢献できるものを生み出したい」という思いが芽生えたそうです。

転機が訪れたのは第1子を授かったとき。記念にと奥様のリクエストで「いちょうの木のまな板」をつくったことです。「使いやすくてデザインも素敵♪♪  キッチンに立つのが楽しくなったわ」と喜ぶ奥様の顔を見て
「自分らしいものづくりの追求を【いちょうの木のまな板】から始めてみよう」と決心されたそうです。

そして作家向けの出店イベントでお客様の声を直に聞き、改良を重ねていった「いちょうの木のまな板」は、少しずつ引き合いが増え、2007年に「woodpecker」を設立。

今ではtsunaguをはじめ全国のインテリアショップやライフスタイルショップなどでも紹介され、カッティングボードやお皿、ターナー、洗濯板なども新たに仲間入りしています。

woodpeckerの商品は、クラフトマンが木の個性を生かしながら手仕事で一つ一つ仕上げていくため、ひとつとして同じものはありません。

福井さん曰く

「それこそが温もりや安心、安全という価値を生み出す源だと自負しています。」

_______________________________

woodpecker(ウッドペッカー)

代表:福井賢治

所在地:岐阜県本巣郡北方町北方1502-2

_______________________________

>次のつくり手のご紹介

魅力的な東海地方のつくり手たち

 顔の見える経済へ

コロナ渦の中で生活者の行動や街の風景が大きく変わりました。

かくいう私も食事や買い物でわざわざ遠出をする機会はめっきり減りましたが、近頃地元が「ラーメン激戦区」だと知って、これは食べ歩きをせねば‼️とマップ片手に足を運ぶようになりました。わずかですが以前に比べて地元へお金を落としています。

ありがたいことにtsunaguの店にも近隣の市町村から「近くにこんなお店があったんですね」と、コロナ前には店の存在を知らなかったお客様も訪れてくださいます。暮らしや仕事、経済のあり方がローカルを中心に大きく変わっていくのだと肌で感じています。

これからのローカル経済は、「信念を持ち、予算がなくても工夫する」「売上が上がる仕事だけでなく、非効率的な活動もしっかりやる」そう言った熱量のあるローカリストと、それを支える社会や行政によって「顔の見える経済」として成り立っていくのだと思います。

tsunagu|ツナグ|もローカル経済の一担い手として、このエリアのローカリストによるモノづくりや意味のある品々をご紹介し、応援していきたいと思っています。

>つくり手のご紹介

Archives

TOP >>