2021.08.09
| 日々のこと

夏のふきんは花ふきん

立秋を迎え、東京オリンピックも終幕し、残暑厳しいですがみなさまいかがお過ごしでしょうか?

暑い夏、家の台所では中川政七商店のふきんが大活躍しています。食器拭きはもちろん出汁をとったり、野菜の水気を切ったりと下ごしらえにも活躍しています。ふきんは使ったら洗って干せば気持ちがいいほどにすぐに乾くので、毎日衛生的に使えます。

中川政七商店のふきんは、奈良の特産品の蚊帳生地を美しく機能的に再生し、通気性・吸水性・速乾性に優れているふきんです。tsunagu 多治見店では定番の人気商品。

特におすすめなのは花ふきん。綿100%(写真上)と麻100%(写真下)の2種類。

花ふきんは、58×58cmの大きめサイズで目の粗い蚊帳生地が2枚重ねと薄いため早く乾きます。大きめのお皿も花ふきんなら拭きやすい!

おろしたてはノリがついているためパリッとしていますが、洗えば洗うほどふんわりと優しい肌触りになっていきます。厚みも出てくるので吸水性も増していきます。そして、くたくたなるまで使ったら最後は雑巾に。

こちらの花ふきんは8月限定の「花ふきん 暦 葉月」。パッケージには波模様が描かれ、ふきんには海を想わせる青のステッチ入り。夏の贈り物にもおすすめです。

使い勝手がいい花ふきん。次は洗顔後の顔拭きに使ってみようかと考え中です。お肌にも優しそう。

花ふきんは、tsunagu 多治見店、オンラインストアで販売しています。

tsunagu tajimi

Archives

TOP >>