2021.06.24
| 日々のこと

夏を楽しむ暮らし

夏至を迎え、6月もあともう少し。梅雨があけたらいよいよ夏がやってきます。

最近の夏はとても暑いので外に出るのもなかなか大変ですね。暑い夏を少しでも快適に過ごすために夏を楽しむ商品をご紹介します。

▪︎かまわぬ 〝江戸風鈴

ひとつひとつガラスを吹いて手作りされています。江戸風鈴は音を良くするために鳴り口の部分をわざとギザギザに仕上げてあります。このギザギザこそが江戸風鈴の特徴のひとつです。吹く風とともに涼しげな音色を届けてくれますよ。そして柄がこれまた可愛らしいので微笑んでしまいます。

▪︎かまわぬ 〝手ぬぐい〟

夏の必需品手ぬぐいのいろんな柄が目白押し!金魚が泳ぐ涼しげな柄、相撲ファンにはたまらない柄、水族館にいるかのような気分にしてくれるクラゲ柄などなど。手ぬぐいは使い方を変えれば頭覆いやエコバッグにもなるので便利です。

ひとつ鞄に忍ばせておけばピンチの時に助けてくれます。

▪︎かまわぬ 〝折りたたみ傘 晴雨兼用UV〟

おいしい風呂敷の柄をモチーフにした晴雨兼用の折りたたみ傘。UVカット加工を施しているので日差しにも急な雨にも一本あれば安心です。

レモン、りんご、こめという楽しくて心弾む柄。

▪︎かまわぬ 〝折りたたみ日傘〟

季節のうつろいと風情が美しい日傘です。手触りの良い綿混の生地にはっ水加工を施し、晴雨兼用でお使いいただけます。袋は口が広く出し入れのしやすい巾着型。

かまわぬ の日傘はUV加工が施されているので真夏の日光からしっかりと守ってくれます。

こちらは人気の「菊 ひわ色」。

▪︎筒井時正玩具花火製作所〝線香花火〟

福岡県みやま市で作られている線香花火。今では希少な存在となった国産の線香花火。こちらの線香花火は火薬には宮崎産の松煙、紙は福岡県八女市の手すき和紙、その和紙を草木染めで染色し、職人の手によって一本一本丁寧に縒り上げられています。どこかやわらかく、温かみのある火花を散らします。この夏ゆっくりと国産の線香花火を楽しみませんか?

今から備えて夏を楽しめたらいいですね。

tsunagu tajimi

Archives

TOP >>