2021.01.30
| 日々のこと

124年ぶりの節分

先日近くのスーパーで蕗の薹を見かけました。毎年この蕗の薹が出回ってくると、少量買い求めては天ぷらにするか蕗味噌にするかと主人と必ず口論になります(笑)。

Photographer Aomorikuma

まもなく立春。旧暦ではこの季節から新年がはじまります。ところが!今年は1日早い2月3日が立春だと聞いてびっくりいたしました。生まれてこの方節分は2月3日、変わるものではないと思っていましたから・・・

明治30年以来124年ぶりの2月2日の節分だそうです。地球が太陽を1周する時間が365日ちょうどよりも6時間長いためで、こうした暦は国立天文台が決めているそうです。宇宙の星廻りで季節が巡り、旬を感じて折々の行事や祭りなどの風物詩を楽しむ。コロナ禍では様々な制約はありますが、こういった行事はいつまでの大切にしていきたいものです。

↑ 写真は春てぬぐい「節分梅花文」(かまわぬ 税込¥1,320)。

こういった季節がらの手ぬぐいでしたら、タペストリーや額に入れて飾ったあとの保管も小さくたためて楽ですし、あるいはお家で実用としてお使いになって、毎年新しい柄をお求めになるのも楽しいですね。

 

 

Archives

TOP >>