2018.01.25
| 日々のこと

読みもの

先日谷川俊太郎さんの新刊が出て、

そのタイトルに惹かれて、ぽちっと買い物しました。

そして手元に届き、今少しずつ読んでいます。

開いた瞬間から引きこまれ読み進めるのがもったいない感覚に襲われています。笑

読んでは置いて、読んでは置いてを繰り返して。

大好きなおやつをチビチビ食べるように。笑

 

谷川さんの世界観、感じ取り方がこころをじんわりと温かくしてくれるようです。

昨日読んだその中から一つ。

質問:

今年から大学生です。

一人暮らしを始めて、

親って偉大だなあと思うようになりました。

親はいったいどこから

そんな力をしぼっているのでしょうか? (19歳)

 

谷川さんの答え:

別に振り絞らなくても、

親の力ははじめから親に内蔵されているんです。

あなたにもその力はすでに内蔵されているんですよ、

親になったら分かります。

誰にでもひそんでいる自然の力の一部だから、

別に偉大でもなんでもないんです。

自分の内なる自然と、自分の外にある自然は一体です。

その自然を失わなければ、

親の力は子どもへと引き継がれていきます。

 

昨日は外は吹雪、冷え込みが凄いけれど、

こころはぽかぽかです。

 

Archives

TOP >>