2016.08.29
| 日々のこと

少し早いですが読書の秋を。

まだまだ暑い日が続きますが、それでも
トンボの姿をたくさん見るようになってきました。
少しずつ夜の風も変わってきた気がしています。

先日お客様との会話で本をたくさんお読みになるとお聞きして、
最近読まれて大切な1冊と教えてくださったのは
小川糸さんの「ツバキ文具店」との会話に
ちょうど少し前に本屋さんで見かけて私もとても読みたい本の1つでした。

初めて小川糸さんの本を読んだのは「食堂かたつむり」。
とっても心に残っていてその世界観に当時引き込まれました。
大好きな作家さんでした。

だからと言って、たくさん本を読む方ではないし、詳しいわけでもない。
読むスピードも息子もびっくりするくらい遅い。苦笑
眠る前にちょっと読んで寝たり、お休みのお茶の時間に少し読んだりと
なかなか進まない私の読書。笑

それでもとてもいい時間なのです。

その数日後、そのお客様が私が読んでみたいと言ったことを
覚えていてくださり、わざわざ持ってきてくださいました。
もう感激でした。
しかも他にも数冊一緒に。どれもとっても興味深い題名。
IMG_3910

早速カメのようにゆっくりモードで読みはじめました。
ゆっくりゆっくり大切に読みたくなる文章。
やっぱり好き。
なんというか、丁寧に暮らすことをもう1度見直してみようと
ほんの少し背筋がピンとなるようです。

読みはじめてまだ少しですが、糸さんの世界観に
引き込まれて、ツバキ文具店に行きたくなりました。

大切に読み進めていこうと思います。
お借りしているのに、すみません。そして本当にありがとうございます。

楽しい時間をしばらくいただけそうです。

Archives

TOP >>