2014.05.22
| 日々のこと

意外な特技。

息子itaもすこしずつ学校生活にも慣れてきた様子。
小学校の頃はあんなに時間通りに行けなかった子が
今や、自分で時計見て朝出かけて行く…ミラクル!笑

息子の中学は地域がら、部活とクラブというものに分かれます。
意味がちょっと分かりづらいシステムですが
要するに学校管轄でするのが部活。
なので朝と授業の終わった放課後にするのが部活。
一旦帰ってきて、夜の練習や土日などに
行うのはクラブ。
クラブは保護者や地域の担当で
コーチも変わります。(これもややこしい)
そして、基本、クラブに入っていないと練習試合や大会も
出られません。部活で唯一ある大会は中体連のみだそう。

先日も書きましたが彼は卓球部に入部しました。
でも卓球クラブには入らず他のサッカーのクラブチーム
へ入る事を決めました。(中学にサッカー部がないため)
実はそう決めるまでに揺らぎまくった息子…。
というのも、以外にも!?卓球センスがあるようで
クラブのコーチや先輩に、めっちゃ褒められ、
クラブへの入部を切望されたから。笑

彼にとって(もちらんわたしにとっても)初めての事で、
こんなに、是非入って欲しい、部活だけではもったいない、
凄く向いているなどと褒められまくり、
母もコーチから部活説明会で口説かれた。笑
卓球なんて、そうやった経験もないのに、
そんな事もあるのですね。
(ちなみに息子以外の1年生はみんなクラブに入ったようです)

迷いに迷ったけれど、当初からずっとサッカーを
続けて行く気持ちの強かった息子の決断は
サッカーに軍配が上がったようです。
(でもぎりぎりまで、まるでわかめのようにゆらゆら揺らいでた)笑

そう決めて先日からようやく隣市のサッカークラブへ通い始めました。
週4回程の送り迎えが増えて、まだ慣れない私たちは
ばたばたしております。

練習も相当ハードなようですが、緊張しながらなんとか
こなしている様子。
柱の陰から応援する母。(イメージね) 笑

でもほんと、息子に意外な特技がある事を知り、
へ〜っとなったかあちゃんです。
面白いものです。
IMG_1882
足が小さいのが今の彼の悩み。
昨日も定規で自分の足を計ってた。笑

Archives

TOP >>