2014.03.26
| 日々のこと

卒業式へ。

昨日は曇りの予報も何のその、
めっちゃお天気に恵まれ、ぽっかぽかの恵まれた1日でした。

息子itaの小学校の卒業式へ。

私の頃はぎゅうぎゅう詰めの卒業式でしたが、
子どもの数もずいぶん減ったので体育館も広々と使えます。

中学の制服を着て式に臨むのがこの辺りの地域性。
まだまだぶかぶかの詰め襟の学ランを着て
慣れない姿がまぶしい子どもたちでした。

ずっと忘れていたけれど、
彼は4つの学校にお世話になったことを昨日
式に臨みながら思い出しました。

小学校入学時は志木の小学校。
その年の夏に長野の松本の学校へ。
のんびりとしたとってもいい学校でした。
そして、今の住まいの前に住んだ多治見市でわずか1年。
実店舗オープンに伴い、今の土岐市の学校へ。
土岐の学校には4年生から3年間お世話になる事が出来ました。

私たちの都合であちこちへ行き、息子は本当に
頑張ってくれたな〜て思ったら涙が
止まらなくなりました。
そして、その都度お友達になった子どもたちも
同時に卒業という日を迎えているのだと思うと
感動した時間を過ごすことが出来ました。

息子にとっては厳しい時間もたくさんありました。
たくさん泣いたし、たくさん笑ったし、たくさんの成長を
感じました。

少ししたら今度は中学生。

また新たなスタートです。
一生にしたらほんの通過点ですが、
自分の心の声を大切にしながら進んで行ってくれたならと。

これからも沢山の縁を大切にしていってね。
本当におめでとう!!!

Archives

TOP >>