2013.05.23
| 日々のこと

息子itaのそれから。

息子itaのその後…。

というか、先日あのブログをアップして数日後、
夕食時に電話が鳴った。

担任の先生から…(嫌な予感)
夫さんが何やらしゃべっている。

3つありました。(←3つもか!)
1つは給食で嫌いなものを頑張って食べてます。
(幼稚園の先生からではなく間違いなく、6年の担任のせんせいからです。苦笑)

2つ目、宿題を全く出してくれていません。
とても困っております。的な事だったらしい…

ここで、なんで〜〜〜〜!!
あんなに毎日宿題やってる、やったよ!の言葉はどこに?
え?どこどこ?
私はびっくりしすぎて、口があいていたはず、多分。
またもややられたのか?わたくし。( ̄∀ ̄;)

あのやる気の息子発言と、実態のギャップに母はついていけません。

結局、やっていても先生に提出していなかったのが半分。
やってはいたけれど、全部の中の半分位をやって、やった!と言っていた事
半分。
でも塾に行きたいのは勉強がもっと分かりたかったとの事。
彼の中で想いと行動が一致していないのがたまにキズ。

はぁ〜、なんと言うか…。
信じきってしまう、私が悪いのか…。苦笑

3つ目はリコーダーを何度言っても忘れてくる事。

少し見てあげてもらえますか?とのお言葉…。
う〜〜ん、幼稚園児みた〜イ。(2回目)

そんな状況にも関わらず、昨日は
「おかあ!
国語の成績、おれ今度すごいかも!」だって…。( ̄∀ ̄;)
分からない、わからなすぎる〜〜〜。
ていうか、おめでたすぎる〜〜〜。

「おそざきのレオ」過ぎるだろ〜。(←先日の絵本です)
(書く事も読む事も食べる事も同じ世代の子は出来る事が
出来ないレオがいつの日か花が咲く日が来るのをおとうさんとおかあさんが
そっと見守るお話。)

先生から電話があってから3日程経ち、
なんとか今までためてしまった分まで頑張ろと、
今のところは頑張っているようです。はい。

宿題をやるときにそばでついていて欲しいというので
(分からなくなるからだそうですが、ちょっとめんどくさいな。)←私ガンバレ。
一緒に分数の計算や割合の問題などやってます。笑

まあ、でも最後はやっぱり、みんなで楽しくがんばろ〜〜!なのでした。

こんな事があるから、また振り幅大きくジャンプできるのかな…。かな。

Archives

TOP >>