Jouenal

2022.01.08
| お知らせ

tsunagu |ツナグ|2月の催し物

遠州織物を使用した上質でシンプルな日常着を生み出すでHUIS. さん。昨年もご好評いただいたHUIS.の POP UP SHOPを、今年は2月5日(土)から2月13日(日)まで、tsunagu 多治見店とtsunagu江南店の両店で同時開催いたします。

生地やカラーのバリエーションも豊富に、ふだんtsunaguの店頭に並んでいないアイテムも入ってきますので、スタッフの私たちも今からとても楽しみにしています。
生地の良さや縫製の確かさはもちろんですが、生地の特徴を巧みに生かしたHUIS.さんのデザインは、不思議とどんな体型の方にもしっくりと着心地よく馴染みます。リピーターのお客様はもちろん、初めての方も、この機会にぜひ試着してその着心地の良さをお確かめください。


HUIS. POP UP SHOP

また同時期に江南店では、クラフト作家:河合真弓さんの素敵なオーブン陶土アクセサリー「mayuna」の展示会も開催いたします。

2021.12.24
| 特集

「tsunagu酒」はじめました。

「tsunagu酒」は、ツナグにご縁のある東海地方の蔵元さんのお酒をご紹介する企画。

MCは、一見おっとり者、実は働き者の「つなぐ」さんと、気分気ままツンデレがたまらないハチワレ猫の「ツナ」。
東海地方の”うまあお酒”を独自の味覚とこだわりで選びご紹介します。どうぞお試しくださいませ。

  

第一弾

tsunaguの地元 「東濃地方のうまあお酒」

東農地方は岐阜県の東南部に位置し、その中でも土岐は良質な陶磁器用粘土が豊富に採れる地域です。そのため1,300年以上の歴史ある美濃焼の産地として発展し、今もその文化を受け継いでいます。また緑豊かな丘陵地に窯元が点在する趣のあるところで、風情ある街並みを楽しめるお隣の多治見とともにぶらりと訪れたい町の一つです。

この冬「tsunagu酒」としてご紹介するのは土岐の蔵元:千古乃岩酒造の地酒。その中から季節限定「純米しぼりたて生原酒」「千古乃岩 大吟醸」の2種を選びました。

粘土質の地盤を天然フィルターとして酒蔵の地下45mから汲みあげる硬度7の『超軟水』を用いて丹精込めてつくられた千古乃岩さんの地酒は、爽やかな辛口ながらもお米の旨みを楽しめるのが特徴です。

純米しぼりたて生原酒


頭に美濃焼のぐい呑みを載せた”つなぐさん”がご紹介するのはこの季節だけ味わえるしぼりたて「無濾過生原酒」。しぼったままの原酒は口あたりが抜群で、日本酒初デビューという方にもおすすめします。

↑こちらの東濃のうまあお酒「純米しぼりたて生原酒」は要冷蔵。冷蔵庫で保管がしやすい、飲み切りサイズの300mlの小瓶でtsunagu多治見店と江南店、tsunaguのオンラインストアで販売しています。

Onlinestore>>>

千古乃岩 大吟醸

”ハチワレ猫のツナ”が「干支」とともにご紹介するのは、地方の巨石「稚児岩」にあやかって千年の時を思い「千古乃岩」と名付けられためでたい地酒です。

岐阜県産の酒造好適米「ひだほまれ」を使用し、低温でじっくり醸造した地酒です。穏やかな香り、すっきりとした味わい、爽やかな喉越しが楽しめます。

今回tsunagu酒としてご紹介する喉ごしのよいこの淡麗辛口大吟醸は、白味魚や魚介のお刺身、カルパッチョなど、素材を活かしたさっぱりした味付けの料理との相性抜群。ぜひこちらも冷やしてお試しください。


↑東濃のめでたいお酒「千古乃岩 大吟醸」は常温で保管していただけます。こちらも300mlの小瓶で販売していますので、飲む前に少し冷蔵庫で冷やしていただくのをおすすめしています。

Onlinestore>>>

2021年もありがとうございました

いよいよ年の瀬も迫り今年も残りわずかとなりました。
みなさま2021年はどんな一年だったでしょうか。

今年も昨年に引き続きコロナで大変な年でしたが、そんな状況でもたくさんのお客様にお越しいただきました。

初めてご来店された方、遠方からわざわざお立ち寄りいただいた方、tsunagu多治見店がまだ小さな一部屋で営業していた頃から来てくださっている、あの方、この方のお顔を見ることもでき、どなた様にもtsunaguをご愛顧いただけてとても嬉しくありがたい気持ちになりました。

またtsunaguの公式SNSをご覧になりご来店してくださる方も多くいらっしゃり、スタッフ一同励まされる思いでした。

多治見や江南の地元近隣の方々はもちろん本当にたくさんのお客様に支えられた一年。
心より感謝いたします。まことにありがとうございました。

そして今年の営業もあと少し!シャンプーや掃除道具、お年賀など足りないものがございましたらお早めにお越しくださいませ。


なお年末年始の営業日時は多治見店、江南店で違いますのでご注意ください。

<多治見店>の年末営業は、12/29(水) 11:00 ~ 15:00まで。12/28(火)は通常はお休みの日ですが、臨時営業します。年始は、1/4 (火) 11:00から営業。(1/4 , 1/5 は 17:00 までの時短営業となります。)

多治見店


<江南店>の年末営業は、12/28 (火) 11:00 ~ 18:00まで。
年始は、1/6 (木) 11:00から通常営業いたします。

江南店


オンラインストアはいつでもお買い物していただけますが、年末年始は発送業務はお休みしております。詳しくはこちらをご覧ください。


来年もみなさまの毎日の暮らしに寄り添えるような物や情報をお届けしていきたいと思っています。
それではみなさま、よいお年をお迎えくださいませ。



tsunagu スタッフ一同

2021.12.07
| 特集

お神札(おふだ)どうされていますか?

初詣でいただいてきたお神札、皆さんはどこに飾っていらっしゃいますか?

神様からのお札だからおろそかにはできませんよね。でもお札の正面がその年の恵方に向くように貼るべしとする神社もあれば、南に向けなさいという神社もある。神棚があるお家なら迷わずそこに置けば良いのでしょうが、最近は神棚のない家だって少なくない。

そこで

これだけは知っておきたいルール

「どうしたら神様に失礼なくお神札を飾れるか」

インテリアにもマッチする神棚7選

以上をご紹介します。

<※先に「お神札をどこに飾る?」と書きましたが、正しくは「お神札をどこに祀る?」という表現をします。>

 

これだけは知っておきたいルール

古来より日本には八百万の神がいると言われていますが、神棚を家に設ける歴史は意外に浅く江戸時代末期。伊勢へのおかげ参りの流行がきっかけだったそうです。伊勢参りができない人が、天から降った???神札を家の中で祀るために生まれたのが神棚です。

(↑ 河鍋暁斎, Public domain, ウィキメディア・コモンズ経由 )

 

では神棚が家にない場合はどうしたらいいのでしょう。

神様は穢れを嫌います。家の中で最も清浄な場所に神札は貼ってください。具体的には、玄関やドアの上など人が頻繁に出入りする場所や、トイレや浴室と壁を隔てて面している場所も避けます。

大人目線より高い、家族が集まりやすい場所を探してください。

そして注意して欲しいのが、人が上を通らない場所であること。マンション住まいだったり、戸建てでも1階にしか適した場所が見つからない場合には、「雲」「天」「空」と書いた紙や、空の絵や写真を、その天井に貼ればいいとされています。

また神札の正面は、神社からのご指南がなければ南か東を向くようにするのが一般的です。神棚がなくてもタンスの上を清潔にして、そこに祀ったり、上記の条件が備わった場所に奉書や半紙などを当てて、その上に神札を貼ってお祀りしても大丈夫です。

神棚とは「家の中にあるミニチュア神社」です。どんなに小さくても「神社」ですから、そこは神様が鎮座される場所。毎日神社へ詣でるのは大変ですが、家にある神社なら毎日お参りできるわけですから自然と神様とのご縁が深まります。つまり家の中に神棚を設けると、身近に「最強のパワースポット」ができるわけです。

13日も過ぎ年神さまをお迎えする準備をするこの時期に、神棚を新しくしたり、新たに設けるてみてはいかがでしょうか。

心を込めて神棚を手作りするのもご利益がありそうですし、最近は住宅のインテリアにマッチした神棚やお神札立ても登場していますので、少しご紹介させていただきます。

インテリアにもマッチする神棚7選

■↓掛ける神棚三社 (kamidananosato)

社の趣を残しながらもすっきりとした簡易神棚。同梱されて釘6本をコインで押し込むだけで石膏ボードの壁にも取り付けられます。前面はアクリル板になっているので神札が落ちたり汚れたりする心配がありません。

 

■↓神札立 筋斗雲(sizuka.jp)

天然木の優しい木目。空に浮かぶ雲のような札立てです。軽く、石膏ボード壁付け専用金具が付属していますので、ハンマーで簡単に取り付けられます。薄い神札の場合は工夫が必要です。

 

■↓神札ホルダーRIN(山崎実業)

とにかくシンプル。装飾のないすっきりとしたデザインで、お神札や破魔矢などを飾れます。ただし付属の木ネジ2本で固定するタイプですので下地が必要です。

 

■↓天然木の貼る神棚(Kamisama To Ouchi)

お紙札の表書きインテリにどうもとお考えの方におすすめしたい神棚です。封筒のようなお札入れに神札を納めて封印し、専用の貼って剥がせる壁貼り材で、自由な場所に貼ることができます。神社建築に使われるひのきと和紙、不織布でできています。

 

■↓お神札受け-kamiki-(山田木管工業所)

お神札を壁にピンで刺して止めるわけにはいかないし、テーブや糊で止めるのもちょっとお考えの方におすすめです。お神札を固定するのは東濃ひのきでできた押木。その裏には磁石が埋め込まれていますので、画鋲をさせるところならどこにでも押木を固定でき、お神札をシンプルに飾ることができます。

 

■神棚「GIRIDO 」置き型(woodpecker)

神殿造りの神棚は我が家のインテリアに合わないが、身近な最強のパワースポットと考えるなら簡易的なお神札立てではどうも・・・という方におすすめしたい神棚です。

扉の開閉時に、神社本殿の御扉の伝統技法と同じ仕組みによって「ギギギイ」という木の軋む音が鳴り響き、神聖な気持ちでお参りできます。素材は木曽ひのき。本格的でありながら現代の住環境やライフスタイルに調和する洗練されたデザインの神棚です。

 

■神棚「GIRIDO 」壁掛け型  (woodpecker)

洗練され、神聖な面持ちを持つデザインが特徴のGIRIDOの壁掛け型。こちらは裏に磁石が埋め込まれているため、画鋲2つで容易に何処へでも取り付けが可能です。重さ0.3gと軽量で、背面にお神札を挟み込むタイプです。素材は木曽ひのきです。

なお、壁掛け型の扉は固定式で開きません。

 

最後に

お神札に巻かれている薄い紙。これは上巻紙といい、神棚へお祀りされるまで汚れることのないようにと施されたものです。扉やカバーのある神棚の場合はこの薄紙を取り外してお祀りしてください。

前面のカバーや扉のないデザインの神棚や、簡易的な神札立てなどの場合は、薄紙をつけたままでも構わないそうです。

本来ですと、新しくされた神棚にはお清めのお祓いが必要になります。新しく家を建てられた場合や、人生の節目に神棚を新しくする場合には、神社にお祓いを一緒にお願いするといいですね。

 

 

2021.12.06
| 特集

「壬寅」の「みずのえ」って?

2022年は寅年

干支「壬寅(みずのえ・とら)」

十二支の寅はわかるけど、「みずのえ」って何?という方も意外に多いのではないでしょうか。

干支は甲、乙、丙、丁、・・・壬、癸の十干(じっかん)と、子、丑、寅、・・・戌、亥までの十二支(じゅうにし)を組み合わせたもので六十通りあります。つまり六十歳を迎えると生まれた年の干支が巡ってくる。「還暦」という呼び名は生まれた年の干支に戻ることからきているのです。

この六十干支の漢字、これを全て読むのは難しいかもしれませんが、十干の読みと十二支の読みを覚えてしまえばあとはその組み合わせ。年の瀬には巷に干支の漢字が出回りますので、この機会に小さなお子さんにも楽しく干支の読み方を教えてあげてみてはいかがでしょう。

十干の読み方

「壬寅」はどんな年?

十干は<太陽>を象徴とした生命・循環を表し、十二支は<月>を象徴とした生命の循環を表します。

「壬」は十干の九番目にあたり、次の生命の準備を整えていることを表します。また文字は妊(はらむ)につうじ、陽気を下にはらんでいる状態です。

「寅」は十二支の三番目にあたり、生命の循環でいえば初めの方。誕生を表します。また寅の文字は螾(ミミズ)につうじ、春の胎動や強く大きく成長することを意味します。

つまり「壬寅」の年とは、

「厳しい冬を越えて芽吹き始め、新しい成長の礎となる年」

2022年はアフターコロナに向かって少しでも前向きな明るいニュースが流れる年になってほしいと切に願います。

Archives

TOP >>